出産の主役はお母様と赤ちゃんです。
出産は1人で「産む」のではなく、赤ちゃんが「自分の力で産まれようとする」ことをお母様がサポートして一緒に頑張る共同作業です。お母様が主体的に出産に取り組むことによって、生まれる力と産む力は最大限引き出されます。

バースプランについて

どのような出産をお希みでいらっしゃいますか?
バースプランとは、妊婦様ご自身がどのような出産をしたいかなど、妊娠、出産に対するお気持ちを言葉で表して、考えてみることです。それにより妊婦様、ご主人様、さらにはスタッフもより具体的、積極的にお産に対して取り組むことが出来ます。
バースプランになるべく答えられるようにスタッフ一も関わらせていただきたいと思っています。

出産は、いつ異常事態が発生するか予測できません。その場合、バースプランよりお母様や赤ちゃんを安全にお産に導くことを優先しますのでご了承ください。

呼吸法について

  • 石川病院では皆様に陣痛から出産をスムーズに乗り切って頂く為の呼吸法に関してオリジナルCDを1回目のプレママクラスにてお渡ししております。

    陣痛を乗り切るためには妊娠中のイメージトレーニングや呼吸法の練習がとても大切です。 当院の分娩室は「心が落ち着く音楽(※)」と色彩心理の効果を活かした「癒しの時間」が出産の進行に合わせて変化する「分娩支援システム」Birth Support System を採用しています。 スムーズな出産をイメージしながら C Dのナレーションに合わせて少しずつ練習しましょう。 赤ちゃんにとっていちばん安心できるのはお母様がリラックスしている時間...。 さあ、体の力を抜いて、楽な姿勢で音楽に身をゆだねましょう。 きっと、おなかの赤ちゃんもいっしょに聴いていますよ。
  • LSS

呼吸法について

ここからは実際に陣痛がきた時に行う呼吸法の練習です。 あなたが吸う息は生命のエネルギーをもたらし、吐く息は緊張を持ち去ってくれます。

  • 楽な姿勢でリラックスします。肩の力を抜きましょう。
  • 吸う息ではなく吐く息に意識を集中します。
  • 吐く息はできるだけ静かに少しずつゆっくりと吐くようにします。
  • 呼吸に意識を集中することで痛みやいきみたい感じから意識をそらせる効果もあります。

分娩方法について

陣痛支援システム(LSS)

  • 陣通をスムーズに乗り切るために、暖かく包み込む音楽と、呼吸支援音、 やわらかな照明がポジティブな分娩をサポートします。
  • LSS

分娩支援システム(BSS)

  • 優しい音楽と呼吸支援、心休まる照明や映像でスムーズかつ感動的な分娩をサポートします。
    1. 高度なリラクセーション効果を持つ音楽や照明が、患者様の心身をゆったりと包みます。
    2. 陣痛発作圧をBSSが感知し、弛緩をスムーズに支援する呼吸音と、それに同期した照明へ。
    3. 祝福の音楽・照明・映像がお母様に感動を与え、喜びの気持ちを包み込みます。
    4. 娩出後は心身をやさしく癒すモードへと静かに変化。感慨深い満足感に浸っていただけます。
    【ご注意】

    分娩室・手術分娩室では携帯電話の電源をお切りください。

  • BSS

立会い出産

当院では妊婦様がご希望される場合、旦那様の立ち会い分娩が可能となっております。ご希望の方はご相談ください。

母乳育児

母乳育児は栄養に加え、絆づくりが大切と考えています。お母様と赤ちゃんの絆づくりの特別空間であるお部屋へ訪問して、授乳のフォローやおっぱいのケアを何度でもさせて頂きます。

他院から当院での出産をご希望の方へ

【12週頃までに】

当院での分娩を希望する方は、まずは受診をお願いします。お電話での分娩予約は行っておりません。
初期説明をお受けになられた患者様は、産科医療補償制度用紙、入院分娩予約申込書等をお渡しいたします。

持ち物:紹介状、母子健康手帳、保険証

【15週頃までに】

入院分娩予約申込書(兼誓約書)と直接支払制度合意文書と申込金を添えて受付へお持ち下さい。

ご家族の方でも、結構ですので15週までに分娩予約をお願いいたします。
申込用紙に、記入漏れなどがございますとお受け取り出来ない場合もございますので、お気をつけください。

持ち物:予約金20万円、入院分娩予約申込みについて

【32週頃までに】

逆子や・帝王切開術の予定の方は30週〜32週頃までに里帰りをお願いいたします。

【34週頃までに】

直接支払制度をご利用希望の患者様はご来院時には必ず保険証をお持ち下さい。

【35週頃までに】

経過が順調な方は33週〜35週までには里帰りをお願いいたします。